Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『トキメキ!弘文学院 第39話 学院再建への道』
でございます。

楽しい弘文学院が閉校になってから
生徒たちはいったい何をしているのでしょうか。

みんなで一緒にいた時間は貴重な時間でしたよね。

さて女性として暮らす宋文文、なかなかかわいいですね。
学監のもとに有志が集まって学院再建を話し合っています。
向学心に燃えるメンバーですね。
いい話になるといいですね。
<Sponsered Link>



傲天のお尻も回復したでしょうか。
傲天、薬は自分でお尻に塗りましょうよ。
しかし、お尻くらい、自分で薬を塗りにくい場所もありませんね。

そうでないと、二妹とおばあ様が
未来のプランをどんどん立ててしまいそうです。
この二人の結束は固く、無敵艦隊ですよ。
雲ひパパは、打つ手がありませんね。
魅入られているといいますか、呪われてるかな。
この方はこの上の強い女性軍からは逃げられない運命ですね。

さて傲天と文星さんは、
同じように密偵として育てられたんです。
お互い似た様な人生かもしれません。
孤独と背中合わせの人生ですよ。
文星さんは父親の奴隷みたいですね。
親の愛を感じたことがない子供です。

そうですねえ、人として公孫殿はすでにくるっています。
若い二人は友人になれそうですね。
この二人は、ある意味わかりあえるのでしょう。

文星さんは正しい道を行くことができるでしょうか。
父親を倒すことになるとしても。

大同と文文がうまくいってるなら、
天宝と容月もお似合いですよね。
今回容月から出る光線がすごいですよ。
容月や文文のヘアスタイルが素敵ですね。
衣装も素敵です。

時代劇を見る楽しみはこういった時代の衣装とかヘアスタイルとか、
武器とがよろいとか、とにかく興味は尽きませんね。
できるだけ物語を作る人はその時代の詳細に迫ってもらいたいです。

この物語でも、美しさがあるなとふくろうは楽しんでいます。

<Sponsered Link>



とにかくこの登場人物たちには幸せになってほしいですね。
まあ、大同が元気になってよかったです。
自分の本当の気持ちに気が付いて、いよいよ告白ですかね。

学院再建に文星さんはお金を出そうとしますが、
みんなから軽蔑されてしまいます。
まあお金持ちの若様ですからついついそんアことを言ってしまうのでしょう。
文文以外は敵対しています。

文星さんの知られざる行動がわかってきますね。
事情があったのです。
誰にも、その大変さをわかってもらえていないのでした。
報われないイケメンですよ。

今のところ仕方がないですね。
学院を売ったといって学監は受け取りません。
文星さんには友達がいません。
良心が残っているからこそ、償いたいと思うんですね。
気の毒ですね。
誰か、彼をわかってあげてほしいです。

ところで傲天と雲ひがデートしているスポット、
湖みたいな場所がいいなと思います。
このドラマの風景は癒されますね。
ゆったりとのんびりと平安に過ごせそうな感じです。
いろんなふくろうの見たことのない風景がまだまだあるのでしょうね。

このドラマはどういう結末になるんでしょうか。
若者の力で世の中を少しでも変えていけたらと思います。
とりあえず黒幕を倒したいですね。
黒幕のおかげでみんなが、迷惑しているのです。

はっきり言って黒幕以外のすべての人々が、と言いたいですね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket