Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『宇宙の仕事 エピソード9』でございます。

毎回もめるのは シフトについてですね。
土日。

実吉家では奥さんがストライキみたいで、幼稚園の遠足に父親として着いていくことになったみたいです。
数十年前をふくろうも思い出しました。

ただ、土日じゃなく、平日だったので、父親は休みが取れず、
おじいちゃんにお願いしたのでした。
<Sponsered Link>



母親のふくろうは、二人目の我が子の臨月が近く、動ける状態ではなかったのでした。
二人目が生まれてからは、行ける時には小さいほうも負ぶってついて行ったように覚えています。

なんか久々に思い出しました。
そんな時もあったなあ。

余裕のない日々でした。
実吉さん、いいパパなんだろうな。

威張っていられる奥さん、幸せかも。

地球の平和と、家庭の平和、十分にはかりにかけられると思います。実吉さんのほかには
家庭はあまり関係ないですね。

明日弁当を作るからとさっさと寝てしまいます。

今回、ロシアの赤い薔薇だとかおりんはカミングアウトします。突然。
ゲーム大好き女子ですね。
土日は休みたかったのです。

ルキーニとかおりんは早速意気投合しゲームを始めます。
なんだか、どこでもわが家ですね。

そこにまたまたやってまいります。宇宙人が。
今回は、驚きのフォルムの宇宙人たちです。
これは、ちょっと、説得するほうがひるみますね。

地球では下ネタにされそうなゴールド星人でございます。
宇宙は広いから、こういうカルチャーショックもあるでしょうね。

さすがの実吉も遠回しに、説得しようとしています。

地球にはあわないというわけです。
この宇宙人の星では女性が全滅したということで、地球に女性を求めて襲来しようとします。

イケメン俳優、宇宙の尺度は範囲がひろいですね。
地球の女性が彼らをどう思うかはさまざまでしょうね。

さすがに最初から相思相愛になろうというのは無理があるかもしれません。
<Sponsered Link>



要するに今回のドラマの脚本、想像力がついえたのかなとふくろうも心配しました。
かおりんが行こうとしますが、実吉が阻止します。

ふくろうもそのほうがいいかもと思います。

宇宙には人間の想像を超えた存在がいるかもしれないですよね。
フォルムはどうでも、今回このけったいな宇宙人が地球の修礼しようとしています。

阻止あるのみでございますね。

ママ友のもめごとが原因で実吉家は緊急事態ですね。
しかし、交渉の場でそれを説明しようとしても、宇宙人が理解できるのかどうか。

他星人とのコミュニケーションで摺合せには時間がかかりますよね。

第一共通の文化があるのかな。

この宇宙人は二人、ですよね。
なぜ地球の女性にもてないかを説明したい実吉は、一人で奮闘します。
ルキーニを連れてくると、爆笑します。

どんな形態でも地球人がとやかく言うことはないでしょう。
宇宙人には大きなお世話です。

でも、ルキーニが持てるというと、宇宙人から冷笑が起こります。
何かここらへんの会話はもう聞くに堪えないので、淑女は遠慮したほうがよさそうですね。

この人たちだけでやらせておきましょうか。物事は隠れている部分があってこそですね。
ルキーニご苦労様です。

この後劇的展開に。
あの新子さんが歯に衣着せぬ発言で、宇宙人を追い払ってしまいます。
もう、ほんとに、なんか、宇宙人も可愛そうになったふくろうです。

でも、地球侵略をたくらむからですよね。

勘違い宇宙人さようなら。

では。
<Sponsered Link>



Pocket