Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『veronica MARS』、「第2話 クレジットカード詐欺事件」でございます。
まだまだ物語は謎に包まれています。
冒頭で週末の過ごし方についてウォレスとヴェロニカが話しています。
一人で過ごす派のヴェロニカでございます。

<Sponsered Link>




ふくろうは早くもウォレスのファンです。いい子ですね。
終末、ビーチではセレブだけのパーティがあります。
暗号みたいなチラシで、誰を招待しているのかわかるなんて面白いですね。

お酒飲んでそうですね、この子たちは。
バイカーのイーライが茶化しにやってきます。ドラ息子のローガンと口で火花を散らしています。

会話ではっきりと格差がわかりますね。同じ学校の生徒でも、学校生活も含めて付き合う相手が決まっています。

さて今回はイーライのおばあさんが詐欺で捕まってしまいます。
もちろんおばあさんには身に覚えがありません。

保安官のでっち上げだと踏んだヴェロニカはパパの代わりに捜査を始めます。
やがて孫のイーライに嫌疑がかかり、イーライが捕まってしまいます。

保安官はパパに反感持ってますね。ふくろうから見ても生意気な若造に見えますね。
何やらケインファミリーン事件について議論しています。

ヴェロニカはこれからバイトするウォレスに捜査の片棒を担がせますよ。
これからずっとそういうことになりますね。

情報収集、分析、推理、ヴェロニカの腕前はなかなかです。
イーライが無実であると分かります。
それにしても、ローガンたちと無駄話をしながらほかの仕事も同時にやっているようですね。
切れ者ですよ。
実はローガンのガールフレンドが絡んでいます。
ヴェロニカの捜査とローガンの疑惑がピッタリと重なって、意外な展開になります。

写真が趣味のヴェロニカはカメラマンとして元カレのダンカンに同行するのですが、
回想シーンで親友のリリーと話しています。

ふと外を見るとイーライたちが奉仕活動しています。
本当はやっていないのに、イーライが自首した結果ですね。
なぜそんなことするのか、ですね。

帰りに、おまわりさんに尋問されています。
ダンカンがのってきた車は、実は亡くなった双子の姉のリリーのものです。

つまり、リリーが違反していたのですよ。
そこで保護者の登場です。

パパが退職に追い込まれたのは、リリーが殺された事件でですね。ケインには何かあるとにらんだパパです。
この親子私生活とお仕事と結構つらいことが多いでしょうね。

ヴェロニカはパパを信じる方を選択しました。
その結果、孤立はやむを得ないのですね。
強いですね。完全い干されていますよ、学校です。
でも、信じた道を行けばいいんですよね。

二人ぼっちで世間と戦わなければなりません。
でも、この二人が組んだら無敵です。
探偵の演技力ってすごいなと思います。
<Sponsered Link>



さて、その結果、ケイトリンが浮かび上がってまいります。

大体セレブのパーティに行くのに、なんでヴェロニカが謝罪する必要があるのか。
ここは願い瀬下げでしょう。
トロイはセレブグループのメンバーですが、言ってることがふくろうには
理解できませんね。
ヴェロニカの返事が「考えておく」でしたね。大人対応ですね。偉いなあ。
これは後で断ります。「謝る気がないから」ていってます。当然ですよ。

当たり前ですよね。トロイもおかしい気がします。

トロイはヴェロニカに接近したいんでしょうね。
ただ元カレダンカンとのことが不可解ですね。

どうして別れなければならなかったのか、ヴェロニカにも見えていません。
だから恋が終わったのかどうか、どうなんでしょう。

こののち、
ローガンはあることに気がつきます。
ドラ息子だけど結構可愛いとこもある青年です。
ヴェロニカの地道な捜査が事態を変えていきます。
ヴェロニカって電話で誰にでも化けちゃいますね。いつも感心します。

そして、イーライに罪を着せて黙っていたイーライのいとこにヴェロニカは会います。
このいとこのチャードは哀れな子です。
おばあちゃんもヴェロニカに話を聞いて覚悟を決めます。

そりゃあそうでしょ。イーライが可愛そうですもん。

チャードがローガンともめているとイーライたちがやってきます。

チャードはたぶんそこそこに仲間かボコられるでしょう。
同情する人がいません。

親友の代わりに罰金を払いに行くヴェロニカでございます。
この書類はきっと先で何か重要なことがわかるかもですね。
リリーの事件をパパにも内緒で今後ヴェロニカは追っていきます。

では。

<Sponsered Link>



Pocket