Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『varonica MARS 』「第11話 消えた5000ドル」でございます。

賭け事の好きな高校生たち、自分の手を汚して稼いだわけでもないのに、
お仕置きされてもいいのかな。

メンバーは、ローガン、イーライ、ダンカンたちですね。ポーカーでございます。
5000ドルってどのくらいかというと、現在USドルを日本円にすると
55万5556円らしいです。

<Sponsered Link>



怪しからんやつらですね。まあここによってくる連中は、家庭に何かあって、力や才能がなかなか発揮できそうにない連中です。
最低な奴として一二を争っています。

今回は掛け金が行方不明になります。
勝ったイーライはかんかんです。全員おパンツ姿になっても出てきません。
逆さにするといったイーライにふくろうは賛成です。
ローガンとダンカンの下着はお揃いでしたね。さすが親友。

お金があると言いながらゲームする高校生ですが、別にこの子らが稼いだお金でもあるまいし、
何、狂ったことを言ってるんでしょうね。
ヴェロニカは捜査を開始します。
イーライを骨のあるいい奴といってた俳優は、白かな。

ショーンが嘘をついているのをヴェロニカは気が付きます。

ところでクリスマスシーズンです。ヴェロニカの家でもツリーに飾りつけをしていましたね。

一方ローガンのママは、ヴェロニカのパパにある依頼をします。
人気俳優の妻は大変ですね。元気がなさそうな感じですね。
女性の人権なんて俳優のエコールズにとっては何でもないのです。
だいぶ常識外れですね。
モテすぎる男の悲劇でしょうか。
この男の妻も息子も、不幸ですね。

しかも危ない雰囲気が漂うクリスマスになりそうですよ。
恨みのこもったカボチャに刺さった刃物が気になります。これはすごいと思いました。

クリスマスパーティも大変ですね。
エコールズ家に招かれる人妻もくるっていますね。
この穢れたクリスマスパーティに集まってくるのはもう、人の魂を持っていないものも結構います。
類が友を呼ぶんですね。
お金はあっても品がないのです。
そしてキースの言うように、パーティを中止することは選択肢にない生き方ですね。
そのあたりからもうすでに間違っていますよね。
浮気されてもパーティを執り行うわけですから
そりゃあ、何かは起こるでしょう。

<Sponsered Link>



だいたいふくろうがおもうに、
アーロン・エコールズがモテモテなのが不思議です。
ハンサムとは違うと思いますが、寄ってくる女は後を絶たないのです。
「もともと無実」とか言ってましたが、意味不明です。
やることなすこと、人に知られたら困ることばかりですからね。

アーロンは人生を無駄遣いしていると思います。
ローガンにもひどいことをしていたし、
妻のリンも夫には何も言えないみたいだし、
ローガンがおかしいのもうなづけます。
ものすごく悪い子ではないのに、不安定ですよね。

ローガンが自立していたら、ママを守ってあげられるのにね。

ヴェロニカの提案に反対するものは「犯人だよ」ということで、
またまたローガンがポーカーの夕べを催しますよ。
まんまと乗せられるローガンたちでございます。

あたまはヴェロニカのほうが相当にいいので、種明かしが楽しみですね。
トリックの謎が解かれていきます。
ヴェロニカのカードさばきが美しいですね。

犯人はすぐにわかりました。さすがはヴェロニカマーズ!
それにしても、せこい高校生ですね。
ことさらお金のことばかり自慢するのがおかしいとは思っていました。

事実がわかると解けることがたくさんありました。
ローガンとダンカンも仲直りできました。

ケイン氏にヴェロニカは訴えています。素早かったですね。
知らなかったとは言わせないわよ、ということでしょうか。
ケイン氏はすぐに何か気が付いたみたいですね。

どうやらケイン夫人がかかわっていそうですね。
ケイン夫妻はかえってしまいます。
和やかなクリスマスにはなりませんね。

今回は壮絶なクリスマスパーティですよ。
エコールズ邸での事件がきっとまた紙面をにぎわすことでしょうね。。
クリスマスくらい、ちゃんとできないものでしょうか。

聖なる夜は、エコールズ氏は刺されて倒れます。人がたくさん集まるときは危険ですね。

今回思ったのは、ダンカンが日記をPCに書いていたこと。
PCが盗まれて、慌てていましたが、
情報が漏れたら困るなら。PCも安全ではないですね。

<Sponsered Link>



Pocket