Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『veronica MARS』「第15話 運命の男」でございます。
ローガンの力になるヴェロニカです。

無言電話に対応するヴェロニカがかっこいいですね。

パパのアシスタントとしても有能です。
調査のプロって大変ですね。
トム・クルーズ?を捜します。
さらにメグの隠れファンも探しますよ。
<Sponsered Link>



それにしてもウォレスとヴェロニカの関係はうらやましいです。
つるんで楽しい友人ですね。大親友なのですよ。

さて今回もヴェロニカの捜査が面白いです。
ローガンの電話の留守電メッセージもいいですね。最高です。
ヴェロニカはこういう時、本当に頼りになりますね。

ママのカードが使われたので早速ヴェロニカとローガンは出かけます。
情報をつかむのがはやいですね。

マーズ探偵事務所ではいくつかの案件を二人で調査しています。
いくつものシナリオを抱えて、どんな役もこなすんですね。
段取りが相当よくないとできないです。有能なマーズ家ですね。

保安官事務所のヴェロニカの肖像画に角が生えていて笑っちゃいました。
すごく似合っているのです。
似顔絵を描くカールをメグの隠れファン探しに使います。
意外なことがわかってきます。

この似顔絵って今でも使われていますよね。
すごいなと思います。
昔、テレビで、「満天パパ」というコーナーで今は亡き、南伸介さんが
子どもの説明から、パパの似顔絵を描いておられたことがあります。
あれ、うまかったなと今でも思います。
視聴者にもわかりやすくよくわかる絵でした。
登場するパパをご存知だったかどうかはわかりませんが、
あの謎が解けていく瞬間がいかにも楽しくて、
ふくろうも毎週楽しみにしておりました。

一方ローガンはホテルで待機中です。
お母さんが宿泊しているかもしれないと、一筋の希望を持っています。
子供らしいひたむきなローガンです。

二人の予想に反して現れたのはお姉さんのトリーナでした。
エコールズ家の悲しい一面がまた見えてきます。
トリーナは養女です。
幸せそうではないですね。
カードはこのお姉さんが使っていたというわけです。
エコールズ家に家族は存在しないです。

きかん坊のローガンも泣き崩れます。
諦めきれないですよね。

さて証人保護制度が今回出ています。
犯罪につながるときは、直ちに捜査は犯罪防止に協力です。
すごいです。
世の中、何でも起こりますね。
探偵をごまかそうとする人もいます。
そういう事態も想定して臨機応変に対応できないといけませんね。

ドラマの中で刺激的な事件が複数で進行しています。
見る方としては本当に新鮮で面白いですね。
そこここに捜査の面白さとかヴェロニカの頭のよさとかが見て取れます。

本当に大変なお仕事だなとも思いました。

<Sponsered Link>



やがてメグと一緒にダンスに行くヴェロニカですよ。素敵ですね。
ヴェロニカは似顔絵でメグのファンが誰かわかっています。
取り乱さずに友情発揮ですね。
高校生としてはなかなか頑張るお嬢さんですよ。

視聴者もメグより一足先にわかっちゃいます。
だからヴェロニカははやめに帰ります。
傷つかないわけはないでしょうに、しんどいですね。
ヴェロニカがだめならメグを好きになったというわけですね。
一人になったら号泣します。
泣いたほうがいいと思います。

理不尽な元カレとの別れと
そこに付きまとう出生の謎が消えないままのベロニカです。

それだからといわれたわけではなく、
わけがわからないままに、別れさせられたんでしたね。
ダンカンもリリーもワケをはっきりとは言わなかったと思います。
いかにも理不尽なやり方でしたね。

泣いているとそこにレオが来ます。よしよし。
実はこれ、メグが気を利かせたのでしょう。せめてもの友情ですね。
ダンスに行ってパートナーがいないとは寂しいですよね。
ここに、ローガンはおズボンはかないで乱入ですよ。
こういう子、いかにもいそうな気がします。
あがいているのだなとふくろうは思います。

青春はドラマみたいにはいきません。
いびつな形だったり、あとで恥ずかしいなと思うことばかりです。
大人になっていくということは、そんな人間である自分も、他人も
受け入れることができる状態になることかもしれません。

ローガンは、身の置き場所がないんでしょうね。
たまらない気持ちのやり場を、こんな形で出しているのでしょう。
エコールズ家は呪われていそうなことばかり続きます。

殺伐とした家族、虐待する父、血のつながらない姉、
恋人を失い、今また、母の行方を捜す孤独なローガンが
今後どう生きるのかふくろうは興味があります。

お姉さんはお母さんが亡くなってもどうってことないようですね。
むしろ同性としてお母さんに批判的です。

高校生がズボンをはかずにいるので保護者にトリーナをよんだんですね。

そのあと無言電話に対応するレオですが、ヴェロニカは出ていきます。
ヴェロニカが向かったのはとある酒場でした。
お母さんが酔いつぶれていました。
そしてそこには、あのウィードマンの姿がありました。
あの電話はお母さんだったのかそれともウィ-ドマンだったのか。

ふくろうはお母さんかなと思ったのですが。

傷心のヴェロニカ・マーズ。
どちらを向いても闇ですよね。

<Sponsered Link>



Pocket