Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『veronica MARS 』「第20話 最後の切り札」でございます。

ヴェロニカとローガンは秘密に付き合うことにしました。
友達には内緒です。

ママの飛び降りたあたりの海水が便にれてありました。
遺体は上がっていないのですね。
悲しいなあ。
二人の関係はローガンのパパにはしられてしまいます。
知られるようなことをやっているのですから仕方がないですよね。

このパパは、お仕事引退しています。
エコールズ氏は遊んで暮らせる経済力はありますからね。

反対されないならよかったですね。
ただここで、ディックたちが来ます。
暇な子たちですね。ドラ息子つながりです。
<Sponsered Link>



さて今回は、カーメンのトラブルにヴェロニカが手を貸しますよ。
カーメンと別れたくないタッドは卑怯な手に出ます。
支配的な青年だとふくろうは思います。

自分の思うようにいかなければどんな手でも使って
相手を思うようにしたいのでしょうね。
デジタルファイル、気を付けないといけませんね。
ネットの時代です。
犯罪も有効利用も今までの世界よりは広範囲になっています。
何が起こるかわからない。
映像が流出するのを恐れて、カーメンはよりを戻します。

タッド、いやなやつですね。
ヴェロニカはどんな方法を考えるでしょう。
罠をしこたま仕掛けますよ。ふふふ。
マックとセスが手伝ってくれます。
出来上がったきわどいサイトがこちら、です。
タッドの顔色が変わります。

ヴェロニカは交渉するためのけん制材料をそろえていきますね。
そのシーンも楽しいです。
このドラマの面白さは、とにかく頭脳戦の面白さですね。
淡々と見せてくれますが、刺激的です。

結局タッドは卑怯に徹しますね。
どうしましょう。

ここでカーメンが強くなりましたよ。
でも復讐はしません。偉いなとふくろうは思いました。
復讐をしても気分はよくならないからとカーメンが言います。

今回ヴェロニカはカーメンの映像からあることに気が付きます。
自分がレイプされた日の映像だったのです。

睡眠薬をカーメンに使ったのですね。

高校のとある場所でおパンツ一丁で縛られているタッドでございます。
こんなことをしたのは、ふくろうはイーライたちだと思っています。
タッドは男の風上にはおけないでしょう。
以前ウォレスが登場したシーンがこんな感じでしたよね。

カーメンが復讐しないなら、
月に代わって誰かがお仕置きをするのもありですね。
タッドはブラックメール男ですからね。
痴情のもつれというやつですね。
用心しないとこんな男に引っかかったら大変ですよ。
タッドから違法な睡眠薬を誰からもらったのかヴェロニカは聞き出します。

<Sponsered Link>



ダンカンの行方はいまだわかりませんが、懸賞金付きになっています。
マーズ探偵事務所の捜査は続いています。
パパはヴェロニカの大学進学資金をこの捜査で稼ぎたいと思っています。
親の思いは一緒ですね。
学資は頭が痛いです。

こんなに情報に強い友達がいたらすごいですね。逆に考えると、
情報は誰かに知られる可能性が高い時代ですね。
怖くなります。

ローガンはヴェロニカと二人だけのデートを提案します。
クルーザーでデートですよ。さすがセレブですね。
ヴェロニカは待っても来ません。
ローガンに対して疑いが芽生えていますからね。果たして
真相がどうなのか。
このまま恋人として付き合えるのか。どうでしょう。

ヴェロニカのママが新聞に尋ね人で出ていました。
法的手続きを始めますとかいてあります。
パパが再婚を考えているのがわかります。
きいてませんから、阻止したいヴェロニカです。
しかし、パパの幸せを考える親孝行娘に徹します。
幸せそうなパパを見れば、そうなったんでしょう。

ということはママから連絡はなしでしょうから、
ママがもし戻ってももう居場所がないということですね。

ところが、ウォレスのママが務めているのはケインカンパニーです。
ウォレスが盗聴器を持ち込んだことで、ウィ-ドマンが圧力をかけてきます。
マーズ氏との付き合いにストップをかけますね。
仕事を続けたかったら、付き合うなということです。
ウォレスのママはどうしますかね。

そしてヴェロニカのママは更生は難しいのでしょうか。
どうしてアルコール依存症になったのか、
どうすればヴェロニカの言うように一緒に暮らせるのか。

ヴェロニカはあきらめないでしょうね。
生きていてくれたら望みはあると思いたいです、ふくろうなら。
孤独なヴェロニカはいまでも多くのことと戦っています。

パパといろいろもめて家を出たというよりは、
ケイン夫人に追い出されたように思ったのですが。

捜すのだってパパならお手の物ですよね。
何故しないのか。
ヴェロニカが以前パパにきいていましたよね。

席が空いているから次の女性と結婚する?
そんな単純なことでパパが結婚するとも思えないのです。

いろんな思いがあっても
パパがすべてヴェロニカに話しているとは思えません。
娘が傷つくことがわかっているからでしょう。

このドラマで、はっきりさせたら重荷が消えることの一つに、
ヴェロニカはいったいママと誰の娘なのかということですね。

ケイン氏の娘かマーズ氏の娘か、
ここははっきりせたほうがいいかもしれません。

パパにはパパのつらさがあると思います。
ケイン氏はママを伴侶には選ばなかったんですよね。

どちらが父親かわからないとママが言った言葉、覚えています。
これは検査が必要ですね。逃げてもどうにもならない。
パパも傷つき、ヴェロニカも傷ついています。
一つ一つきちんとしましょうよ。

では。

<Sponsered Link>



Pocket