Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『veronica MARS』「第3話 ジョン・スミスを捜して」でございます。

IT長者の息子ダンカンの生活は何とも暑くるしいですね。
うつのための薬を親にわからないようにダンカンは捨てています。
お医者様の判断を仰いだほうがいいんですのに。
この家にいたら子供は元気出ませんね。

<Sponsered Link>




ダンカン・ケインがふくろうにはお坊ちゃま君に見えます。
親の期待がダンカン一人にのしかかっている感じですね。
ダンカンはいい子ですけど、いろんなことを親に相談できるのかな。
ドラマでは、行動や発言がすこしおかしいときが出てきます。
死んだ姉のリリーの幻覚が現れるとき、リリーが意味深な言葉を言います。
不気味です。

さて、ヴェロニカはジャスティンに父親捜しを依頼されます。
長い間会っていませんから、名前以外わからない状態なんですね。
ヴェロニカはどんな手を使って捜査するのでしょうか。
ワクワクします。
パパの娘なのできっと賢い方法でやりますよ。逆探知も使います。

このドラマではヴェロニカが車を運転してすいすいといろんなところに行けますね。
高校生でも車の免許があれば、生活が広範囲になりますか。
しかし、探偵業には必要ですね。
アメリカの道路は広そうですね。

ところでちゃっかりウォレスもヴェロニカ探偵の助手をやらされています。
ウォレス、いい友達ですね。

一方ヴェロニカはトロイと付き合い始めていますが、なかなか積極的になれません。
考えてみれば、この高校生は普通ならへこんでもおかしくない状況に置かれていますよね。
元カレとは別れさせられたし、ママは失踪中だし、パパには言えない悩みも抱えています。
ダンカンがまだ忘れられないんでしょうね。
切ないです。

トロイもいい子ですよ。普通に健康的です。思いやりはありそうですね。
ドラマの端々に、ダンカンもヴェロニカを忘れられないんだろうなと思えるシーンが出てきます。
この子も素直ですね。

孤立しようがしまいが、パパの言うように、「本当によくやっている」と思いますね。
優しいし、働き者だし、この先が楽しみな娘ですよ。

ふくろうから見たら、逆境で逞しく生きている勇敢な子ですね。
やがてヴェロニカの捜査が実ってジャスティンの父親の手掛かりが見つかります。

パパも[ママを悪者にしたくない」というのですが、ヴェロニカの言葉が印象的でした。
「町に残るのはヒーロー、町を去るのが悪者」だと言い切ります。

ママを許せない気持ちがあるのでしょうね。
家族の問題が子供の人生に影響します。
大人にも事情があるでしょう。
こんなに複雑な時代、いっていくところがないですね。

ヴェロニカにはママの居場所は見当がついています。

また、ダンカン達のグループで遊んでいるとき、ダンカンは奇声を上げ、とび降りてしまい、
ケガをします。
これはそろそろやばそうですよ。

心配したヴェロニカが医者につれていきますが、言動がおかしいです。
病めると副作用が出るとドクターに言われます。

<Sponsered Link>




ジャスティンとヴェロニカは筆跡からジョン・スミスを見つけていきますね。

家を突き止めて、目星をつけたおとこが「息子はいない」というのですが、
そこにかえってきたのは、ジャスティンが驚くジョン・スミスの姿でした。

これはふくろうも意外でしたが、あることですね。
傷心のジャスティンはヴェロニカの話を聞きます。

姿は想像していたパパの姿ではなかったけれど、150キロの遠距離を息子に会いに来ていたんですね。
ふくろうは気がつきませんでしたが、ジョン・スミスさんは
大変な人生だったと思います。
黙って姿を消したのは、言えない事情があったからです。

スミスさんの奥さんも、大変でしたね。
そしてジャスティンも苦労しました。
みんな、大変だったんです。

それぞれが幸せになる道が開けてほしいです。

その後のジャスティンは、大人になりました。
偉いですね。
働きながら親の問題も受け止めています。感動です。

なかなか、できないことだとふくろうは思います。

この回のラストあたりではいい意味で裏切られます。
面白いです。

ダンカンの幻覚もどんどん加速しますね。
自分で怖くなってくるでしょう。

ベロニカはトロイに寄り添ってもらうのかな。
誰かパパ以外に、暖かい人がいたらいいですね。

ママを求めても得られないなんて切ないですね。ふくろう泣きそうです。
家庭には複雑なことがたくさん起きますね。
嵐を追いかけるってヴェロニカは言ってました。

このDVDは音声を切り替えて、日本語吹き替えでも聞けますが、
ふくろうは、音声は英語で、日本語字幕のほうが
視聴しやすいです。

リズムと、それから俳優さんの生の声のほうがぴったりきます。
いろいろ替えて何度も視聴するのも楽しいです。

ヴェロニカ・マーズはそれほど好きなドラマです。

では。

<Sponsered Link>



Pocket