Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『veronica MARS2 第5話 招かざる過去』でございます。

ウォレスは実の父親に会ったことを母親に話します。
麻薬捜査官だった父親ですか。複雑ですね。
バイト中にウォレスが歌う歌が素敵です。

案の定ママともめますね。
ヴェロニカのパパも先延ばしだというのですが、
アリシアからすれば、わが子を守りたい一心だったようです。
<Sponsered Link>



あの状況では、不安や恐怖から、冷静ではいられないでしょう。
アリシアはつらかったと思います。
その後再婚して、ウォレスは二人目の父には可愛がってもらったようですし、
死んだときも大泣きしたといってます。
それは愛情ですね。

そろそろ学園祭のキングとクィ―ンを選ぶ季節です。
ヴェロニカはウォレスを推薦します。
ヴェロニカも推薦されますね。

お国柄でしょうけど、ふくろうにはあまり理解できません。
学校でそういうことをやるのがどういう意味があるのか。

無意味な活躍で世界を救ってるとローガンが言ってましたね。
彼のジョークはいつも楽しい。

今回、ヴェロニカが依頼されたのは
ともだちのコーラがカードを盗んで使っていないかという、
ウォレスのガールフレンドの頼みです。

ヴェロニカをを邪魔に思っているらしいジャッキーが
依頼してくるなんて意外です。
占い師さんも出てきます。
本物かな。

潜入して実態を暴くというヴェロニカです。
ここからある情報を手に入れます。バス事故に関するものです。
これは重要ですよ。

パパはそれを知っても公表しませんよ。
パパはなかなか偉い人です。

実際にLのつく女性となるとリリーを思いますよね。
本当に誰かが憑依したのか、
それともジャッキーがウォレスにうそを言っているのか
全くわかりません。
ボーイフレンドと別れたほうが良かった、という意味がよくわかりませんでした。
誰を指すのかな。
もし前者なら、今後に何か続く伏線でしょうか。

ダンカン、ローガン、ジャッキー、ウォレスもこの番組を見ています。

ヴェロニカにはウォレスの言葉は入っていきますね。
ウォレスとヴェロニカは友情?よくわかりませんね。

同性の友達であればいい友人でしょうし、協力関係にはあります。

パーティでジャッキーに言われた言葉「一人に決められないの?
何人に愛されたいの?」が心に残ります。

ヴェロニカが気が付かずに、
周囲ではそういう風にも見えるということだと思います。

このあとウォレスはいなくなってしまいます。

そのわけなんですが、実の父親のことがメインでしょうね。
それをヴェロニカに慰めてほしかったのでしょう。

二人は共同で仕事をする仲間ですよね。
ヴェロニカが何時も強引なのは見てのとおりです。
対等かというと、ヴェロニカに助けてもらってからの友達関係ですよ。

お互い助け合ってはいますね。
相手がつらいのがわかる関係ではあります。
ただヴェロニカが自己中心なのは、周りから見ればみんな思っているかもしれません。

ウォレスには一度忠告したので、
後は困ったときには助けてあげればいいでしょうよ。

恋人でない線引きはいりますね。

<Sponsered Link>



ここで疑問なんですが、
ジャッキーが使おうとしたカードは使えないと占い師がいっていました。
なんででしょう。

一方パパのほうも保安官選挙に出馬です。
せっかくリードしていたパパなんですが、
ラムはパパの責任を追及してきます。
もともとラムって感じの悪い奴ですよね。

この選挙戦もどんな手でも使いそうです。
保安官イコール正義の味方ではないですね。ラムの場合。

ジャッキーのパパもかかわってきますね。ラムが脅しています。
汚い野郎ですが、脅かされる方も脛に傷をもっているので
断れないのでした。

それと殿堂入りになりたいからですね。

やっぱり裏でやばいことをしていた自分の責任です。
全て、ヴェロニカはわかってしまいますね。

結局ヴェロニカが
ジャッキーに騙されて捜査していたのがわかります。

ジャッキーにはウォレスが
ヴェロニカにいいように使われていると思えるのですね。

実情がわかったヴェロニカはリベンジするのかな。
何時もなら完膚なきまでに叩きのめすこともあるのですが、
性格でしょうね。
若いので丸くなれというのも無理でしょうね。

用意していたリクエストCDですが、
使わなかったみたいです。
学園祭って「HOMECOMING」って言うんですね。

パパからウォレスの失踪を聞いたヴェロニカは事の重大さを悟ります。
ウォレスの不安な気持ちを理解していなかったと思うかな。

では。

<Sponsered Link>



Pocket