Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『veronicaMARS2 第9話 ママの足跡』でございます。

まず、性教育の授業には、後半がありました。
そう結果としての妊娠出産後、ベビーの存在についてですね。

リアルに泣いたり授乳の練習までできる優れものですね。

つまりメモリーに担当の生徒がよく面倒を見たかどうかが残るという
素晴らしいシステムです。

これはぜひ採用して多くの青少年に実感していただきたいですね。
<Sponsered Link>



今回はプロムベイビーにヴェロニカは迫ります。

お仕置きの途中でママのファイルに遭遇し、
ママがどんな高校生だったか調査を始めます。
この子はいい子なんだけど、なにかいろんことに首を突っ込むせいで
やりすぎてしまうんですよね。

パパはやんわりと調査の両面を教えています。

実は、ママのことを副校長のクレメンスさんに聞きに行きます。
この副校長は結構狡猾です。
それは後でわかります。

校長はムーアヘッドさんといいます。
初めてしりました。

この人はママのリアンに対する証言が厳しいですね。
やっぱりマーズ探偵社で調べたほうがいいかもしれません。

ローガンのお姉さんのトリーナには持病があり、
オペして臓器移植をする必要があります。
このお姉さんはローガンとは血縁関係ではないのですが、
しかし性格や行動はそっくりに育っていると思います。

何ともいい加減で、できるだけ働かないで生きていきたいタイプですね。
ケンドールもそうですね。
この人たちは自分では何にも働かないで生きていきたいらしいですね。
人生はそんなに甘くないのです。

ヴェロニカはママが停学になった原因がダンカンのママにあると考えて、
何とか仕返ししたいんですね。

才能をそんなことに使うのはいかにも俗物のすることだと思いますね。
セレステに恨みがたまっているのはわかりますが、
子供じみています。こういう私情が入ると、
物事の真実を見誤るのではと思いますよ。

また、ヴェロニカの変装が笑えます。
すっかりおばさま風になっていますね。

良心が咎めるヴェロニカはその当事者に打ち明けますね。
当事者の反応が、しっかり怠け者の反応なんですね。情けない限りですけど、
養親からは何も残されていない身としては、仕事もさえないし、
お金が何でも目的になるんでしょうか。

いや、もっと言えばあきれるくらいの反応でしたね。

このプロムベイビーがいったい誰なのか、本当の良心が誰だったのか、
ラストで解き明かされます。
母親はお金持ちではないけど、父親のほうはどうやら名士でしょう。
そこで、結構愉快な結末が待っています。
トイレに捨てた父親に復讐を果たす物語になりました。
<Sponsered Link>



こう考えればヴェロニカも、何かの役には立っています。
思いつかなかった展開にふくろうも、ヴェロニカもびっくりです。

この件は副校長にうまく使われた感がありますね。

力まずにヴェロニカを使うなんてなかなかですね。

一言言ってやりたくてヴェロニカは副校長に会いに行きます。

彼女のおかげで苦も無く、自分が校長の座につけるのですから、
笑いが止まらないでしょう。

こういうのを政治力というのでしょうか。

それからヴェロニカの家の冷凍庫にラットが保存されていましたね。
あれは、バス事故の時にバスのシートの下にあったらしいです。
パパが持って帰っていました。

ヴェロニカは、自分に対する警告と受け取っています。
悪人がとてつもなく経済力があると、
刑務所にいてもこんな芸当ができるのでしょうか。

どうも今回は赤ちゃんがらみで、
最後まで赤ちゃんにまつわる場面があります。
クーンツさんの遺品を取りに行き、メグの部屋に行くと、

心拍数を図る機械が二つありました。

これで一目瞭然です。

もう臨月かもしれませんね。
メグのお腹はとても大きかったです。
寝てるだけの妊産婦ですから、
どんどん大きくなるのかもしれませんね。

運動のしようがありませんもの。

何となく帝王切開が予想されますね。

知らないほうが良かったでしょうか。
いやダンカンはきっと知ってるのだと思います。
まるでヴェロニカのママが高校生の頃と同じ感じですね。

子どものみになって行動する、これができているのかどうか。
生まれてくベイビーには罪はないです。

性教育をどういう風にしたら、
少なくとも、誰が親なのかわからないような事態を防げるのでしょう。

自分の実の娘が誰なのか、わかっていたのでしょうかね、実の父親は。

登場人物たちの人生はみんな一筋縄ではいきませんね。
みんなものすごくハードです。

イーライとローガンの関係もひどいですね。
お互い相手の了解を取らずに自分の目的のために利用するわけです。

怒ってくれるのは学校だけかな。

イーライはバイカーのリーダーとしてのメンツが
かかっているといいましたが、
話し合いで解決できない者同士は
どんなお仕置きをされたのでしょうね。

懲りない面々に効く薬はどこかにあるのでしょうか。

ヴェロニカはママが恋しいのですね。
人気者だったママは、今どうしているのでしょう。母親として
いつも娘を犠牲にすることになるのですが、
もう取り返せない人生でしょうか。

ふくろうはヴェロニカのママに、
せめて娘の気持ちを大事にしてやってほしいです。

<Sponsered Link>



Pocket