Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『veronicaMARS3 第15話 教授と助手』でございます。

いよいよマーズ保安官は教授を逮捕します。
学生の前では手錠をはめたくない。そうですね。
そのあたりはパパらしいです。

一応容疑者として連れていきますけど、そこは慎重にいきましょう。

けっこうヴェロニカをひいきにしてくれてる犯罪学の教授が犯罪を犯すのが今回の
お話でございます。

不倫愛に生きている教授と学生部長の夫人、二人の間をきしむように企てたのは意外な人物だということがラストでわかります。
<Sponsered Link>



それもこれもヴェロニカという、優秀な学生が、いつもアンテナを張っていたからこそですね。

ここの犯罪学の講義はもう十分に呪われている感じですね。

教授に頼りにされている?助手のティムと、ヴェロニカは一緒に行動します。
8割がたヴェロニカが動きますから、ティムはここでも助手ですね。

まずは教授がたばこを上げたという女性を捜していきます。
しかしこれは後で、教授が自分の立場を利用して証言を強要していたことがわかります。

アリバイを作りたかったのでしょうね。

オデル夫人がお金を手にして、船を買うシーンが出てきます。

何だか裏の顔を見た気がしました。

夫人がどこかに消え、教授もいなくなってしまいます。
パパは保安官としてメキシコまで出かけていきます。

行って見たら、教授はオデル夫人ともめて船から彼女を突き落とした後でした。

二人の結束は所詮こんなものでしょうかね。

計画性はないにしても殺したことを教授が自白します。過失致死というやつですね。
子どもより異性を選ぶ母親は、もう母親じゃないですね。
自分の生き方を子供が見ていることを、忘れています。

不倫相手のキャリアを心配して説得するって、どういうつもりですかね。
学生部長のお金は好きだけど、愛はほかの人に上げたいの。
という風に見えますね。
みじめな女性だと思いました。

早くから母親と別れることになる子供の身になってほしかった。
保安官の前でも平気でうそをついていましたね。
教授の話とは食い違う部分です。

そういう女性を不倫相手に選ぶ教授も勝手に生きている気がします。

妻と不倫をした男のキャリアなんてつぶされて当然ですね。
頼みに行く妻も、自分生活のレベルを落としたくはないわけです。
教授のことだけ頼みに行ったのではなく。自分の事も説得したいのですね。

虫が良すぎます。
学生部長が怒り狂うのもうなづけますよ。

でも犯罪学の教授が犯罪を犯してはいけませんね。
落ちがそれではあまりにお粗末です。

誰かの幸せを壊してしまう人は決して幸せにはなれません。
自分の身にも同じようなことが起こると思いますよ。

世の中の母親が全部そうではないとは思います。
この女性の子供はイギリスの自分の親のところに預けています。
学生部長の長男と、この女性の連れ子、二人とも預かってもらったのですね。
この息子たちがどんな人生を送るんだろうなあ。
<Sponsered Link>



パパはやっぱりすごいです。

オデル夫人が海岸に打ち上げられているシーンが悲しいですね。
子どもの気持ちを考える母親ではなかったかもしれません。

このドラマに出てくる家庭はみんな波乱万丈ですね。

みんな何かはあります。

ティムは教授が自分をどう思っているのかを知ってショックでしょうね。

こういうのは聞かぬがはなと思いますね。
知らないほうが幸せなこともあります。
気になるとネガティヴな思考のループにはまります。

パパが臨時でも保安官に返り咲いたのはヴェロニカにとってはとっても好都合なのでした。
策を弄さず保安官事務所に出入り自由ですね。

パーカーが会いに来ますが、ヴェロニカは急ぎの用事でまたの機会にすることに。

何を言うのか、ヴェロニカにはお見通しですよね。
あの二人が付き合うとしても、ヴェロニカに話したいとパーカーが思ったから
きたのですね。
パーカーは普通にいい人だと思います。
ローガンよりはわかりやすいです。
やがてローガンからヴェロニカに話が来ます。

この学生どもは、すぐに他の人と使い始めますね。
それでよければいいですけど、
ゆっくりと行動するところがございません。
見ていて疲れます。

メキシコで犯罪学の教授が犯罪を犯してしまいます。
アクシデントだと教授は説明します。

これについては殺人を認めるのですが、
学生部長の件はすっきりしていません。

講義はティムに任されます。
ヴェロニカはティムの話に疑問をもって質問します。

犯罪学の教授がどうして逮捕されたのかナウ。
得意に話すティムはの話にヴェロニカは反応します。

ヴェロニカのほうが数段優れているので、講義おかしな方向に行きます。

盗聴はティムがしていたのですね。
偽装工作も。

この講義で明かされる事実こそが学生部長殺し事件の真相でございます。

テレビのニュースになっていましたね。
さすがヴェロニカですね。

学生たちは記憶に残る講義となったはずです。

ラストでパパと二人、小さなテーブルで夕飯を食べているヴェロニカが幸せそうでした。
大事な家族の時間ですね。

暖かいシーンですね。
おいしそうなポテトとお肉です。
この団欒は貴重です。二人ともお疲れ様~。

では。
<Sponsered Link>



Pocket