Pocket

モーニング、ふくろうです。
今日は『veronicaMARS3 第16話 狙われたレストラン』でございます。
パーカーの誕生パーティに誘われても、無理に行くことはないと思います。
ていうか、誰のためにそんな我慢をしないといけないのかな。

感情的に無理があると思います。
アメリカとかはそういうのが普通かな。
正直な気持ち、ヴェロニカは行きたいのかどうか。

パーカーもいいこです。
罪悪感から申し出ているのか、処世術かな。
<Sponsered Link>



いまいちローガンがどうしたいのか、ふくろうにはわかりにくいです。
どういうつもりでしょう。

行くべきだとマックが言うのもふくろうには理解できません。
何かの儀式なのでしょうか。

彼氏を取られて、その相手になぜそこまでする必要がありますかね。
アメリカの風習ですか。
けじめをつけるためのやる方ですかね。

ケーキにわざわざローガンの顔を書いてあるのがおかしいです。
ヴェロニカに配るケーキ、わざわざそこのところを上げるなんて、偶然?

この挑戦を受けて立たなきゃなりませんかね。

しかも、パーティは一人で行くのははばかられるでしょう。
みんな自分の事で手いっぱいのはずです。

ふくろうもこういうのは苦手ですね。
苦手な人は無理をしないほうがいいと思うけど、
こういう社会なんでしょうね。

参加しているという意志を見せておくほうがいいのかな。

人のいいピズを利用するのもどうかと思いますよ。
これはウォレスにきつく言われますね。

ピズは男に迫られて困っているヴェロニカのために彼氏の役をしてくれます。

偽物でも、彼にとってはいいのだと思いました。
気の毒なピズでございます。
いやもう、ローガンやディックに比べたら、ピズは清純な感じがします。
まともな神経の青年です。
きっと家庭もわりと穏やかな感じかなと思いました。

ウォレスの言った通り、気づかないふりはやめろ、ですね。
さらにウォレスは、相手にしてくれる女の子を選べとピズに忠告していました。
ウォレスっていいやつです。

ちゃんと友達にそういうことを言えるのですから。

不毛な恋には実りがございません。
相手にされないと恋は成就はしないです。

反省したのかヴェロニカはピズに話をします。
その時にピズはヴェロニカに気持ちを伝えておきたかったのでしょうね。

まあ、聡いヴェロニカは知っていたとは思います。
ピズの思いは漏れていますもん。

素直な若者です。純朴ですから。
今まで、ヴェロニカの目に留まらないタイプだったのです。
パーティにいやいや向かうヴェロニカは、ディックのお酒の瓶の口をふいてから飲んでいましたね。

マックはマックスと意気投合しています。

このパーティにヴェロニカを呼んで嫌がらせとかしたかったのかな、ローガンは。
何かほかに意図があった気もします。

でもね、物事は思いもしない方向に進み始めます。
<Sponsered Link>



さて事務所にあるレストランから助けてほしいと依頼があります。

ヴェロニカは早速捜査を始めます。
アラブ系の家族の経営するレストランが舞台です。

早速ネプチューン中学校にリサーチに出かけるヴェロニカですね。

このお姉さんに失礼なことをしたとは覚えていない中学生がいます。
怖いもの知らずでした。
さっさと、ヴェロニカは彼らの家に乱入いたします。

ここでヴェロニカは生徒指導をしますよ。

落書きは消すようにしどうします。
そうでもしなきゃ、この子等も警察に連絡です。

そのうちここの娘のアミラに恋人がいるのに気がつきます。
親にはたぶん反対される状況ですね。

カメラで撮られた写真を取り返すため、ヴェロニカが今回うつ芝居も面白いですね。しかし、
尻尾が残っていたので、後でもめます。

婚約者とはそりが合わないアミラを助けたつもりだったのですが。
戦争で負傷した兄とその弟をヴェロニカは突き止めます。

アミラの両親はその兄弟に会います。
話をしあうということが大事だなとふくろうも見ていて思いました。

その努力をする人を尊敬しますね。

結局、訴えらえたら刑務所に行く、そういう犯罪行為をした相手をゆるす気持ちが尊いですね。

アメリカは移民の国ですね。

一方パパは、未成年の飲酒で交通事故があり、バーで捜査をしています。
その若者は歩けなくなったのです。
大学の新聞に、飲酒を誘うようなコマーシャルがありました。
成人は、つまり21歳以上は4分の1しかいないのです。

パパのやり方に従わない保安官事務所の副保安官がいます。
仕事に熱心ではないようです。

バート副保安官たちとの癒着があったのですね。
接待に近いような感じですね。なれ合いが存在しています。
早速パパは副保安官たち4人を解雇します。
モットまともな人を雇いましょうよ。
断固やらなきゃならないことはやる、それがリーダーですね。

ところでウォレスハピズとのみに行くらしいですが、まだ未成年ですよね。
保安官マーズに見つかってしまいます。
この後二人はパパに協力して犯した罪を許されます。

副保安官は職務に忠実ではないのです。
飲酒で命を落とすかもしれない未成年を救うことが先決です。

二人のIDを作ったのが誰かパパにはわかります。
ここでヴェロニカは怒られますよ。

天才なら何でもやっていいいわけじゃありません。
パパはちゃんと怒るところは怒ります。えらいですね。

ヴェロニカの恋模様はどうなるのかな。
人生にいったい何を求めるのかってことでしょうね。

未来に続きますね。

では。

<Sponsered Link>



Pocket