Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『veronicaMARS3 第19話 キャンパス偽造ID事件』でございます。

ハースト大のキャンパスで偽のIDを使う学生が発覚します。
マーズ保安官が捜査しますよ。

つまりイーライが犯人?
なんでいつもこの子はこういうところに出てきてしまうのかな。

前歴のあることが災いを呼び寄せているのかもしれません。
だってわざわざヴェロニカが講義に連れて行ったでしょう。
<Sponsered Link>



あんなことをするのもよした方がよかったおふくろうは今も思っています。
確かにあまり人のやらないことでしたけど。

イーライの話をまともに相手してくれないハースト大でございます。
でもクビになったみたいです。

この後ヴェロニカの捜査と推理が冴えてきます。点が線になってまいりますよ。
パトリックに呼び出されます。

探偵を前にこいつらの言い草に腹が立ちますね。
ヴェロニカの独り勝ちですよ。よかったあ。
ヴェロニカの啖呵もかっこよかった。
19歳の本物の探偵を買収しようとしましたからね。

セレブなのにせこい奴らですよね。にせID 同好会。
お金を浮かしたいのでしょうか。

まずしいイーライに罪を着せても平均なのが許せない。
何ともないようにヴェロニカを誘います。

お金に困っていないのにさらに特権をもぎ取りたいのか。
笑えますね。

人の痛みがわからない人間なんて最低です。
さらに言えばにせID はヴェロニカが自分で作れますから、いりませんね。

ただしこれは仕事のためのスパイ作業に使います。

イーライも完璧にクリアな子ではないのですが、迷惑をかけられて、クビになったので、
ヴェロニカはそれ以外は調べないつもりですね。放置。

イーライはいいやつだけど、こういうところ食えないなあ。
もう結婚していたでしょうか。
ここはわかりません。

対談のためにパパがハースト大学に行きます。
パパとヴァンロウが対決ですね。
ヴィニーはヴェロニカの悪口を放送でいいましたね。
即ヴェロニカから一撃を喰らいます。

ヴィニーって嘘八百でできているようなひとですね。
雄弁は雄弁ですけど。

一方、ウォレスは何やら秘密組織に招待されます。
まさか人さらいじゃないでしょうね。
怪しいなあ。海外の話にそういう組織が出てきますよね。
なんでそういうのを作るのかな。

ふくろうは群れないほうが気楽でいいと思います。
秘密の組織だとしたら、何のための組織でしょう。

選ばれた方がいいのかな。
基準は何でしょうね。

大っぴらにしていない感じですよね。ウォレスはストーカーにつけまわされている気がしました。
よくある、当たりました、御目出とうございます。みたいな怪しさを感じますね。

なんかあなただけが選ばれました、というのは大っぴらにやってくれた方が不安が少ないですよ。
なぜ世間の人に見えないところにいるのでしょう。
相手の情報がないようなら、気を付けないといけませんね。
<Sponsered Link>



さてディックは、情緒不安定ですね。
ローガンが心配するほどです。
ディックもお父さんといたら立ち直れないらしい。
親子関係が最悪なのですね。
酒がないとおかしくなりそうですね。

依存症の悪循環ですね。
家族のことでとくに悩んでいます。
この家庭も相当病んでいます。
子どもは被害者だと思います。

ディックは今まで人から見たら馬鹿だなと思われることばかりやっていました。
人に嫌われることを願っているかのような行動ばかりですね。

いったいどうしてこんなことをするのか。
自分を大事に思っていないからだとふくろうは思います。

自分を大事に思えない若者に育っているのです。
この子の未来が見えませんね。
カサブランカ氏の家庭はもうすでに一人子供を失ってます。

離婚したお母さんはすでに再婚しています。
死んだビーバーもお母さんと暮らしたがっていませんでしたか。
親権がお父さんにあったのでしょうね。

ウォレスの飛行機を飛ばしますよ。夢があるなあ。
SEA MONKEY 海猿かな。

すぐに墜落でしたね。

ローガンはピズにはコンプレックスを持っていますね。
比べるのはみじめですよ。

社会の中で何をやって働いて生きていくのか。
セレブすぎて考えたこともないのかな。
働くことで自分が変わっていくし、豊かにもなっていく可能性があります。
ただ経済的にというだけではありません。

この夏季の研修はヴェロニカはFBIですね。
ピズは寂しいはずですが我慢しようとするでしょう。
ただ二人のラブシーンがこの後問題になります。

慎重なヴェロニカが
カメラに映っているのに気が付かないなんて皮肉ですね。

犯人がピズだと思ったローガンは殴りかかります。

血だらけのローガンがヴェロニカに会いにやってまいります。
子どもだといえばこどもですね。
自制がきかない若者かな。
それともヴェロニカを守りたかった?

それにしても誰かが意図的にアップしたのでしょうか。
ローガンも殴る前にヴェロニカに知らせたいとは思わなかったのですね。

どうしてこう次から次へと難題が降りかかるのでしょうか。
このドラマの若者たちは自分の気持ちに素直だとも言えますが、
奔放なのにすごく無防備だったりですね。

ヴェロニカの考える品行方正は、ふくろうの考えるのとは少し違うかもです。
古いといわれてもふくろうは自由はいいけどこう隠すものが無くなるほど、なんでも人に知られては困りますよね。

では。
<Sponsered Link>



Pocket