• 投稿 2017/07/22 
  • 映画
Pocket

こんばんは、ふくろうです。
今日は『屋根部屋のプリンス 第1話』
「序章 輪廻の出会い」でございます。

こういうタイプのファンタジーは大好きなふくろうです。
過去から現代にタイムスリップしたプリンスと家来が
朝鮮時代の殺人事件の謎を追って現代にやってきます。

ふくろう、実は、ハン・ジミンさんが大好きで、
以前「復活」だったか、可愛いなあと思ってみてました。

あの時、可憐さに参りましたね。
確かプールに飛び込んで人助けをするシーンが印象に残っています。
かっこよかったです。

今回も、チャーミングな役ですね。

<Sponsered Link>



一方ユチョンさんも「成均館スキャンダル」をみて
ファンになりました。
今回は気品ある世子さまで活躍します。

最初,朝鮮時代の王朝から物語が始まります。
事の起こりがゆっくりと描かれています。
世子のお妃になるということは当時、女性としたら
もう大出世ですね。

ファヨンとプヨンの姉妹にも
世子妃のチャンスが巡ってきます。
妹のほうを父親はお妃候補に出そうとします。
え?姉のほうではないんですかね。
なぜ妹を?とふくろうは思いました。
その説得力のある理由を知りたかったです。

この謎が最後まで残りましたね。
上の娘から出すのが自然な気もしました。

妹をねたんだ姉が、自分がお妃になれるように妹を陥れます。
周りもそのことに気が付かないのでした。

妹が顔にやけどをして、姉が望み通り妃になります。
このことは偶然ではないんです。
姉の性格がこれからじわじわとわかってきます。
妹は姉のために身を引きます。

<Sponsered Link>



姉が妃になっても妹のプヨンも宮中にいますね。
これはありなんですかね。
お姉ちゃんはあまり楽しそうにないですけど。

妃が殺されたと思う世子は、
この時亡くなった妃の顔を見ていませんね。
見ていれば人生がまた違っていたかもしれないのに。
理由はお話が進むにつれてわかってきます。

前半ハンカチの刺繍の蝶が動き出します。
面白いなと思いました。
この蝶は現代にもやってきているようですね。
現代にも似ている人たちがいます。

転生してきたんでしょうか。
ジミンちゃんふんするパク・ハの方に蝶が止まるところが
素敵です。

この蝶は神様の使いかも知れないですね。

さて朝鮮時代の世子は
知恵のあるマンボ、武勇のヨンスル、
さらにえーと、よくわかりにくいけど、
ユニークなチサンの三人を従えて、事件の真相を探ります。
4人は宇宙に飛んで行ったようですが、
現代に続く道がどこかにあるのかな。
このお付きの三人は今後大活躍します。

一方、数奇な運命に翻弄されるパクハちゃん。
お姉ちゃんの意地悪に、すっかり記憶をなくして、
お母さんを手伝う生活です。

人を信じているんですね。
昔話では必ず意地悪な悪役がいますね。
このドラマでは現代にいても似た環境にパク・ハが暮らしています。
本人には過去の時代の記憶なんてないかもしれません。

パクハちゃんが自分の部屋に戻ると、
誰かがいます。
このシーン、一瞬ぞっとしたふくろうです。
よりによって
一人暮らしの女性の部屋になぜこの4人が出現したんでしょう。

「何者?」
そこにはドッキリ風の時代劇衣装の4人組が登場。
これから話がどう進展するのでしょうか。
パクハちゃんを応援してふくろうみてまいります。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket