Pocket

モーニング!ふくろうです。

今日は『屋根部屋のプリンス 第19話』「約束 二人だけの結婚式」でございます。

パクハちゃんが大変なことになります。
一瞬世子に300年前のあの出来事が
フラッシュバックします。
どうしてでしょう。

見てる方はもうお分かりですね。
パクハちゃんが世子を守るために
命を投げ出したのです。あのときも今も。

<Sponsered Link>



テムはセナを連れて船で逃げる計画ですね。
さすがにセナはパクハを心配しています。
病院にいったセナに、世子は重体のパクハに、
移植をを頼みます。

その最中に世子の体が消えそうになるのです。
パクハの気持ちを考えて世子はセナに、
悪縁を断ち切れるのはあなただけだと言います。
パクハさえ助かるならあとは問わないと。

セナは泣いています。
テムはこの状態までも利用しようとします。
財産と株を持ってこいと世子を脅迫します。
この野郎、ですね。

人の持っているものを取ることばかり考えるのは最低ですね。

テムはもともと最初からだますつもりだったんですね。
その時セナは、あることをします。
セナのなかに人間らしい心があるんです。
お母さんからも妹からも愛されているんですから
強くなれますよ。

セナの機転で、
世子はテムの居場所を突き止めることができます。
テヨンの事件のいきさつをテムが語ります。
録音してました世子は。
テムはお縄になります。やっと、終止符ですね。

セナは移植に臨みます。
セナはパクハを助けたんです。本気で変わろうとすれば
できますね。

悲しい因縁がいい形で変わっていきます。
お母さんたちがセナを愛しています。
このシーンは大好きです。
ということはいよいよお別れが近いですね。

<Sponsered Link>



世子と3人組はパクハちゃんにお礼を考えています。
店を贈るんです。
彼らのアルバイトがすごい。
ヨンスルは時代劇に、チサンは演奏を、マンボは執筆で
才能ありまくりの若者たちでございます。
すごい人たちだったんですね。
どこにいても無駄に時を過ごしていません。

素敵なお店ができましたよ。
これぞ王朝の遺産でしょうね。

そして、チサンが消えていきました。
寂しいですね、さよならもなしで。
これも天の理でしょうか。
写真からも消えています。

二人の時間もあとわずか。
パクハちゃんは世子にプロポーズします。
世子に、残った二人組が意見を言います。
この二人、もういつ消えてもいいように
荷物を背負ったまま生活しています。笑えます。
チサンの持って行ったものはハンバーグだけだったですね。

池に二人は向かいます。
この池はずっといろんなことを見てきたはず。
ここで秘密のプレゼント交換です。
世子が300年前に埋めたものがここにあるんです。

これは楽しいですね。
タイムカプセルを大きくなったら開けてみる、
そんな感じでしょうか。

そしてマンボとヨンスルも、帰っていきました。
これまでの交流がなつかしく思い出されます。
ヨンスルはパクハちゃんのファンでしたね。
ふくろうも、泣きそうです。

やがて二人だけの結婚式となります。
パクハちゃん、可愛いです。
世子が消えていくシーンが胸キューンです。
もう触れることはできない。
印象的なシーンです。泣けます。

風だけが残っています。
いつでもそばにいるよ、と世子が言っているのでしょうか。
永遠に美しいままの思いでとともに。
ふくろう、しばらくここに浸っていたいです。

ではまた次回で。

<Sponsered Link>



Pocket