Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『屋根部屋のプリンス 第6話』「特訓 社会人デビュー」でございます。
ヘアカットした4人はなかなかいいですね。
社会人もですが、現代人の中にデビューですね。
誰もそんなこととは気が付きませんけどね。
我が子を送り出す親の気持ちですね、ふくろうもパクハちゃんも。

いつの時代にも好感が持てる若者はいるものですね。
王朝4人組、頑張れ頑張れ。

陰険なセナはパクハちゃんにいきなり水をおみまいします。
どうしてこんな女性になったんでしょうか。
こういうところをほかの人が知ったら、どう思いますかね。

優しい人には何をやってもいいと思う悪い奴がいます。
しかし、必ず人にした悪事は自分に帰ってきます。
お水を無駄にしたら、お水に泣くこともあるかもしれませんよ。

<Sponsered Link>



さてふくろうが気になるのが,テクスさんという人。
左遷されたらしいのですが、犬が好きみたいですね。
動物好きの人はたいていやさしい人です。
この犬はジャーマンシェパードですね。
この俳優さんはいろんなドラマで拝見しますが、
面白い人ですね。

チャンさんという女性とパクハたちのお母さんは
どんな関係なんでしょう。
「自分の娘に会いに来た」と言ってますね。
娘って誰でしょうか。
会いに来たということは、今までともにいなかったということでしょうか。

一方、4人はパクハちゃんからいろいろと指導を受けています。
年齢で、呼び方も変わるんですね。
だから知り合ったら年を聞くんですね、すぐに。
ここまでするって大変ですね。

しかし、実際に、先輩だと気が付かないで失礼なことを言われたりするのも、
気分が悪いですよね。

一度聞いておけば後は一生その感じでつきあうのですね。
そういう意味では登録するのもいいでしょうね。

このお話ではマンボが才能を発揮します。
すごい記憶力を発揮しますよ。

今回パクハちゃんにならった処世術を、三人は
いかんなく発揮したのですが、テクスさんに大目玉を食らいます。
徹底的にやるところがこの3人のすごいところですね。
この時代に来てこの時代の人の気持ちが読めるかというと、
どうでしょう。
王朝3人組は頑張り屋さんですよ。世子は身分のせいか、
他の3人より人に気を使いませんね。
<Sponsered Link>



さてパクハちゃんにやさしい世子ですが、
女の子の好きなものをパクハちゃんに訪ねています。
実は世子のデートの相手がセナだったんです。
パクハちゃんはそれを知って深く傷つきます。

これはパクハちゃんからしたら、踏んだり蹴ったりでしょうね。
ふくろうからしたら、セナが昔も今も信用できない人間だと
思えます。

世子にも、甘えるなといいたいふくろうですよ。
人の気持ちに疎いからできる酷いことでもあります。
知らないから人を傷つけることも世の中にはありますね。

ただ世子はまだご存じない。
そして自分のパクハちゃんへの気持ちも
自覚していないのでは?

300年前の世子なら、正室のほかに
側室も持てる身分ですから、こんなもんですかね。
今更ながらそういう時代の男性の常識みたいなものにはついていけません。

自分がされても構わないことかどうか、人として良く考えてほしいですね。
男尊女卑が現代でも残っていたりしますが、
好きになった相手がそういうたぐいの男だったら、考えたほうがいいですね。

未来は誰にもわからないです。
しかし、今よくないものが各段によくなるとは思えません。

パクハちゃんは世子のことを好きなんだろうし。
この恋多難ですね。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket