Pocket

モーニング!ふくろうです。
今日は『屋根部屋のプリンス 第8話』「接近 初めてのキス」でございます。

記念撮影をするシーンが癒されます。いいですね。この人たちはもう家族ですね。

さて、世子はカニアレルギーらしいです。
今回パクハちゃんは、世子を助けるために
人工呼吸をします。

後で知った世子のキュートな反応がおかしいです。
露骨に苦しみ始めます。見え見えですね。

<Sponsered Link>



「なぜテヨンになるのか」とパクハちゃんは聞きます。
抱えている謎が解けて朝鮮王朝に帰れるかもしれない
と考えているのでしょうね。

王朝から来た彼らは、そりゃあ帰りたいですよね。当然です。

改装した新居では、世子がしきっています。
パクハちゃんの立場は居候に。
権力の交代ですね。このあたり、笑えます。

面白いのは彼らのオムレツに寄せる思いです。
飽きずにいつでも食べられるらしいです。
この世界に来て、もしよかったと思えることがあるなら
オムレツが断トツで一位でしょうね。
それほどのインパクトが彼らにはあったようですね。

一方、パクハちゃんは図書館に行き朝鮮王朝を調べています。
信じられないけど、彼らを見ていると、
本当のようだと思えてきたのですね。
その感覚は大事かもしれません。

テクスさんと世子は、テムたちの陰謀を暴くのに
手を組むんですね。
テクスさんが加わったほうがいいですね。
現代の人だし、賢そう。

今回パクハちゃんにお見合いの話がきます。
お母さんは強烈に乗り気です。
会うくらい会ってみてもいいんじゃないでしょうか。

それをしっかり聞いている4人。
ヨンスルが急にしおれてしまいます。
なるほど。物思うヨンスルもいいですね。

お見合いの洋服をみずから買いにつれて出かける世子です。
すごくえらそうですが、たくさんパクハちゃんに買います。
お見合いのためにトレーニングをするパクハちゃんに
世子は面白くない様子。

お見合いも三人がライブで世子に伝えています。
「イケメン」だと。
確かになかなか素敵な相手です。いいかもと
ふくろうも思いました。

お見合いの時のパクハちゃん、可愛いんです。とても。
三人の痛い視線を受けてお見合いは行われます。
<Sponsered Link>



ところがいきなりパクハちゃんを呼び出した世子は、
運転を教えろといいだします。
なるほど思いついた作戦がこれなのね。
パクハちゃんに言いたいのに言えないことがあるのですね。

このシーン、お金にものを言わせて、世子は
車に乗った自分ごと運ばれて登場です。
何だかまた、おじゃる君を思い出すふくろうです。

当然面白くないパクハちゃんは、機嫌が最悪の状態で
コーチします。
このお礼、いや、仕返しに、世子は馬場に誘います。
乗馬なら自分が有利ですもん。
根掘り葉掘り、パクハちゃんに、質問する世子。
なぜ今、こんなことを持ち出すのか。

まあ、この暴挙のわけを考えてみると、
嫉妬だと思いますね。それ以外に考えられません。
お互い好きなのに、鼻先争いを演じる二人でございますよ。

やがてテヨンのおばあさんが二人の関係に介入してきます。
パクハちゃんの話なんて聞かないんです。
いきなりぶたれるパクハちゃん。
わーん、ぶつのだけはやめていただきたいです。

見下している感じです。
暴力を振るう人は許せませんね。

でもパクハちゃんは世子を信じて、世子の正体は黙っています。
テヨンではないというつもりはないようですね。

その陰では狡猾にセナが動いています。悔しいですね。
悪いやつが張り切るのを見ると、気分が悪くなりますね。

ではまた。

<Sponsered Link>



Pocket